2017年07月27日

モクマオウの木陰が気持ちいい、宜野座村松田のヒーピー浜 Hiipii Beach in Ginoza Village, Okinawa

[0].JPG


沖縄の海岸近くでよく目にする「モクマオウ」という、一見、松の木の様な植物があります。宜野座村松田にある「ヒーピー浜」(または「ヒーピィー浜」)は、暑い夏の昼間に涼し気な陰を緑の芝生の上に落とすモクマオウが茂り、浜の南側に様々な模様の奇岩が立ち並ぶ、知る人ぞ知る穴場ビーチです。

Hiipii Beach is located on the east coast of Matsuda Ward in Ginoza Village. It is a nice quiet area with plenty of shades to relax and many interesting things to see.

モクマオウのあるビーチ
Beach with Coast She Oak


私が子供の頃、夏に家族で海水浴やキャンプに出かける先は沖縄本島北部「やんばる」にあったビーチでした。まだ海岸線沿いにはリゾートホテルがそれほど無く、海へ続く砂浜の手前にはモクマオウの木が涼し気な木陰を作って、その下で弁当を広げたりバーベキューをするのが定番でした。

[1].JPG


もともとは外来種で、嫌がる人もいるのですが、私にとってモクマオウの木は夏の楽しい思い出の一部で、今でも好きな植物です。

昨年、友人達と宜野座村松田の鍾乳洞を訪れた際に、初めて存在を知った「ヒーピー浜」は、そんな昔ながらのビーチを彷彿させるモクマオウの木陰と、手入れの行き届いた芝生の広場が素敵なビーチです。

When I was a child, my family used to go to northern part of Okinawa's main island, Yanbaru, for picnic or camping in the summer. There were not so many resort hotels on the coastal areas at that time, and many places we went had the Coast She Oak (Casuarinaceae) trees on the beach and we had lunch or BBQ under the trees. Hiipii Beach reminds me of those beaches I used to go.

トイレ、手洗い場、シャワー有!
Beautiful Picnic Area with Toilet and Shower


[2].JPG


「ヒーピィー海岸交流広場」は、地元の松田区によって整備された公園で、大勢で来ても車を止める場所に困らない広い駐車場、ピクニックテーブル、手洗い場、トイレ、シャワーもあるので、小さな子供連れのグループや、キャンプ初心者、諸々の事情がある女性もピクニックやキャンプを気軽に楽しめます。

バーベキューやキャンプで利用する際は、前もって予約申請する必要があります。使用料は大人、子供一律日帰り一人200円、1泊2日のキャンプは一人400円のお手頃料金です! 

設置されているテーブルのすぐ目の前がビーチになっていて、砂浜で遊ぶ子供達にも目が届きやすく、テーブルのすぐ脇に駐車スペースがあるので、荷物の出し入れもとても楽です。

[3].JPG
 

先日、友人達と1泊2日のキャンプでヒーピー浜を訪れて、楽しい時を過ごしました。

普段は、本島西海岸に落ちる夕日を眺めて一日が終わるのですが、東海岸にあるヒーピー浜の夕暮れは、うっすらとピンクに染まる空とパステルブルーの太平洋で、やさしく幻想的な光景に感動しました。

広場に設置されているピクニックテーブルの数は5〜6台ほどなので、大勢の人でごった返す事もありません。夜は虫の音や波の音をすぐ近くに聞きながら、星空の下で眠りにつきます。

There are large parking area, grass area with picnic tables, toilets, and showers in the Hiipii Beach Park. If you would like to use the area for BBQ or camping, you must reserve it in advance. The fee for using the picnic area for BBQ (one day) is 200 yen per person (adult and child), and for camping one night is 400 yen per person. It is a small park with only 5 or 6 picnic tables, so it will not be very crowded.

ハピネスマリン倶楽部
Happiness Marine Club


ヒーピィー海岸交流広場の管理、運営は、松田区に委託されている「ハピネスマリン倶楽部」が行っています。バーベキューやキャンプの予約もハピネスマリン俱楽部を通して行います。 

ハピネスマリン俱楽部は、宜野座村の自然を楽しむマリンアクティビティーを提供している事業所で、カヤック、シュノーケル、ダイビング、バナナボート、水上バイクなど多種のメニューが揃っています。また、マリンアクティビティー以外にもBBQセットの提供も行っています。

HP1.JPG
写真提供:ハピネスマリン俱楽部 Photo: Courtesy of Happiness Marine Club

県外から来る人や、手軽にビーチアクティビティーを楽しみたい人におすすめなのは、「ガッツリ楽しめる1日満喫マリン&BBQセットメニュー」で、シュノーケル、バナナボート、BBQ(昼食)、カヤックアドベンチャーツアー、マーブル、水上バイクが含まれています。

HP2.JPG
写真提供:ハピネスマリン俱楽部 Photo: Courtesy of Happiness Marine Club

詳しい内容と料金はハピネスマリン倶楽部のウェブサイトで確認して下さい。

Hiipii Beach Park is property of Matsuda Ward, but the operation and maintenance is outsourced to Happiness Marine Club, and you have to contact them to make reservation to use the picnic area. Happiness Marine Club is a company in Matsuda and provides many marine activity programs such as kayaking, snorkeling, diving, riding banana boat and jet ski, and etc. They also provide BBQ set and special one day set menu. For more information, please contact to Happiness Marine Club directly.

ヒーピー浜南側の海岸は楽しい美術館!
Enjoy Arts on the South Side of Hiipii Beach!


ヒーピー浜の南側は、面白い地層や奇岩が並ぶ海岸で、私のお気に入りの場所です。

山水画のような模様の地層や・・・

[4].JPG


パイ生地のように何層にもなった岩、

[6].JPG


アルマジロの様な形の岩や、宜野座のミニ・エアーズロックもあります! 

[5].JPG
宜野座のミニ・エアーズロック!Mini Ayers Rock of Ginoza!


岩の間に芸術的な形の根を張るモクマオウや、浜に打ち上げられた流木やシャコガイ、そして漂着ゴミもあります。はしゃぎながら前を走る犬の後を岩に刻まれた色や形に感動しながら写真を撮ります。

[8].JPG


[7].JPG


台風で立ち枯れしたモクマオウの周りには、新しく生えてきたクリスマスツリーの様な形をした小さなモクマオウの林があります。10数年後には大きくなって、涼し気な木陰をこの砂浜に作ってくれるのでしょう。

しばらくして、走り回っていた犬が、もう充分遊んだ、とばかりに砂浜でおとなしくしています。気づくと1時間近くこのビーチを歩いていました。ヒーピー浜の南側海岸は、まるでアート作品で溢れる美術館です! 

[9].JPG
ヤドカリ集会 Hermit Crab Convention


[10].JPG


If you keep walking to the south side of the beach, you will find interesting rock formations. Some of them look like Chinese style landscape paintings, and some of them look like pie dough. There is even mini Ayers Rock of Ginoza, too! It is a fun place to strolling around. Everything, even some of wreckage, look so interesting that it is almost like a museum created by the nature!

ヒーピー浜海岸
住所:沖縄県国頭郡宜野座村松田(松田区公民館)
電話:098−968-8548

Hiipii Beach
Address: Matsuda, Ginoza Village, Okinawa (Matsuda Ward Office)
Phone: 098-968-8548

ハピネスマリン俱楽部
住所:沖縄県国頭郡宜野座村字松田1048
電話:090-3016−2723
Eメール:happinessmarinclub@gmail.com

Happiness Marine Club
Address: 1048 Matsuda, Ginoza Village, Okinawa
Phone: 090-3016-2723
E-mail: happinessmarinclub@gmail.com


posted by Misa Alta at 13:24| 沖縄 ☀| 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

沖縄で世界を観る!「りっかりっか*フェスタ」2017 Come See the World at "ricca ricca*festa" 2017!


[1]Adam's World (Germany).jpg
デュッセルドルフ青少年劇場(ドイツ)の『アダムズワールド』 写真提供:りっかりっか*フェスタ 
Adam's World by Junges Schauspiel / Düsseldorfer Schauspielhaus (Germany) 
Photo Courtesy of ricca ricca*festa
   

沖縄の夏の風物詩の一つになった、「りっかりっか*フェスタ」の愛称で知られる「国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ」が今年も那覇市おもろまちを中心に7月24日(月)~ 30日(日)の7日間にわたり開催されます。世界各地で活躍するトップクラスのアーティスト達の質の高いパフォーマンスで、子供のみならず、大人も十分に楽しめる児童演劇フェスティバルです。

International Theater Festival OKINAWA for Young Audiences, which is known as "ricca ricca*festa" to many people, is coming to Okinawa this summer again! Omoromachi, Naha City as the center of the festival, it will be held between 24 - 30 July 2017. ricca ricca*festa brings high quality productions from around the world every year, and not only children but also adults can very much enjoy this theater festival.

りっかりっか*フェスタの成立ち
History of ricca ricca*festa


今年で14回目を数えるこのフェスティバルは、1994年に沖縄本島中部広域で、アジアの児童演劇の国際フェスティバルの先駆けとして開催されたのが始まりでした。

2005年に第2回目のフェスティバルが「キジムナーフェスタ」の愛称で開催され、その後、夏休みが始まる頃に合わせて毎年開催されるようになりました。

2014年には開催場所を沖縄市から那覇市に移し、愛称も「りっかりっか*フェスタ」に変わりました。「りっか」は沖縄の方言で「行こう」という意味と、イタリア語で「豊か」を意味する「ricca」の二つの意味を持っています。皆で誘い合って演劇を鑑賞して豊かな心を育むフェスティバルにピッタリの名前です!

The first festival was held in 1994 in the central part of Okinawa's main island as the first international theater festival for young audiences in Asia. The second festival was held in 2005 as "Kijimuna Festa" in Okinawa City, and thereafter, the festa has been held every summer. The festa's main venues were moved to Naha City in 2014 and the nick name was changed to "ricca ricca*festa".

世界トップクラスのパフォーマンスを間近で観る
World's Top-Class Performances


[2] Wind (Denmark).jpg
マダムバッハ(デンマーク)の『ウィンド〜風といっしょに〜』  写真提供:りっかりっか*フェスタ 
Wind by Theatre Madam Bach (Denmark) Photo Courtesy of ricca ricca*festa

      
りっかりっか*フェスタの魅力は、小さな沖縄に居ながらにして、日本を始め、世界トップレベルの児童演劇の舞台が鑑賞できる事です。毎年、様々な演劇フェスティバルなどにおいて高く評価されている劇団やアーティスト達が、世界中の国や地域から招待されます。

フェスタでは、学校の教室、会議場、教会などにも仮設の舞台や観客席を設けて会場として使用されるのですが、小さなスペースなので、ステージと観客の距離がとても近く、演じている側と見ている側の一体感があります。パフォーマーの息遣いや表情を間近で見ながら、まるで自分も舞台の上の登場人物の隣で話の成り行きを見守っている気分になります。

舞台芸術の最大の魅力は、同じ作品でも見る回ごとに違う事です。俳優やパフォーマーの動きや間の取り方は、舞台ごと、そしてその時の観客の反応によっても変わります。

[3] 炎の鐘(ACO沖縄).jpg
エーシーオー沖縄(日本)の『炎の鐘』  写真提供:りっかりっか*フェスタ
Possessed by Love by ACO Okinawa (Japan)   Photo Courtesy of ricca ricca*festa


The best thing about ricca ricca*festa is that you can see world's top-class performances without leaving Okinawa. This year, 23 productions from eight different countries were selected, and total 80 performances are scheduled during the festival. The festa uses a school class room, public meeting room, and even church as venue to set up a stage. The space is usually small and audiences can see the great performances right in front of their eyes!

赤ちゃんから大人まで楽しめる作品
From Baby to Adult!


りっかりっか*フェスタのモットーは「0歳から大人まで楽しめる作品」です。2017年はベビーの為の舞台芸術に焦点を当てた「乳幼児フォーカス」の2作品とデンマーク・日本修好150周年を記念した「デンマークフォーカス」の3作品も上演されます。

[4] Baby Sauna (Finland).jpg
ロイスクアンサンブル(フィンランド)の『フィンランドのベビーサウナ』 写真提供:りっかりっか*フェスタ 
BabySauna by Loiske Ensemble (Finland)  Photo Courtesy of ricca ricca*festa
       

乳幼児フォーカスの一つ、『フィンランドのベビーサウナ』は0歳から2歳を対象にした作品です。フィンランドのロイスクアンサンブルは2014年にもフェスタに参加していて、今回2度目の来沖です。

パフォーマーのRiikka Siiralaさんは、今回また、りっかりっか*フェスタに参加できることを「とても嬉しくて、興奮している」と語っています。前回は別の作品でしたが、優しい音楽と動きで子供達を魅了しました。終盤には客席の親子にステージに入ってもらい、一緒に体を動かして舞台が終了し、まさに、パフォーマーと観客が一体になる作品でした。

また、特に高学年向けの作品は、ストーリー的にも大人が十分楽しめる内容で、人間社会の矛盾や疑問を、児童演劇の舞台を通して観客に問いかける興味深い作品も多くあります。

フェスタで毎年好評の、華やかな沖縄芸能を満喫できる『沖縄燦燦』(2017年1月6日のブログ記事)も上演されます!

The motto of ricca ricca*festa is "productions which can be enjoyed from 0 year old to adults". In 2017, the festa hosts Theatre for Babies and Denmark Focus (to celebrate the 150th anniversary of Denmark-Japan relationship) as featuring productions. BabySauna by Loiske Ensemble (Finland) is a production for 0 - 2 years old. Loiske Ensemble was invited to the festa in 2014 with different production, and many babies and their parents enjoyed soothing music and dreamy stage. The performer Ms. Riikka Siirala said she was "so happy and exited" to come to ricca ricca*festa again! Okinawa Sansan (please see 6 Jan 2017 blog) by ACO Okinawa (Japan) with colorful and energetic Okinawa's traditional performing arts will be also held this year again!

ボランティアでフェスタに参加する
Join the Festa as Volunteers


りっかりっか*フェスタでは、毎年ボランティアスタッフを募集しています。活動内容は、受付、楽屋等を含む会場全体の準備と片付け、公演時の受付対応や場内誘導・案内、場内アナウンス、非常時誘導などがあります。

ボランティアでフェスタに参加するのは、観客として出来上がった作品を見るのとは一味も二味も違う経験です。公園の一角や、会議室のような場所にゼロから舞台を作り上げる過程を見る事が出来る貴重な体験で、出演者や劇団、そして舞台設営に携わるスタッフから多くの事を学びます。

仮設の会場への舞台設営なので、出演者の要望している機材やモノが無かったり、要望通りに舞台を設営できない場合(空間に制限がある為)もありますが、お互いに解決策を見つけ出して一つの作品を最高に近づける努力がなされます。

そして、一流のアーティストは、パフォーマンスだけでなく、振る舞いにおいても一流だと実感します。問題が起こった場合にも、けして感情的になって怒鳴る事はなく、不満や問題点を、理性的に相手に伝えて、どのように解決できるかを探ります。努力は惜しみませんが、どうしようもない時には、切り替えも素早く行います。ボランティアを通してこの様な人々に関わることで、自分自身も人間的に成長する事ができるでしょう。

ricca ricca*festa seeks volunteer staff every year. Working as a volunteer, you will be able to see how stage gets set up from zero in the place such as park or meeting room, and to lean lots of things from the performers, theater company, and all the staff working at the site. It will be a great experience, and will broaden your horizon!

お得なチケットをゲットする
Getting Tickets


7日間にわたって開催されるりっかりっか*フェスタには、魅力的な作品が沢山あります。いくつかの作品を見たい人や家族や友達と一緒に観覧したい人におすすめなのが、5枚セットのチケットが5500円で購入できる「フレンド5」(前売り券)です。大人の当日券が1枚3000円なので、かなりお得です。その他、一般前売りや団体用のチケットもあるので、詳しい情報はりっかりっか*フェスタのウェブサイトで確認してください。 

[5] I On The Sky (Canada).jpg
ダイナモ・シアター(カナダ)の『アイ オン ザ スカイ』 写真提供:りっかりっか*フェスタ 
I on the sky by DynamO Théâtre (Canada) Photo Courtesy of ricca ricca*festa
      

劇場はタイムマシンの様な場所です。会場のドアが閉まると、観客は言葉の壁や次元を超えた異空間へと旅を始めます。世界中のあらゆる場所や、誰かの頭の中の世界、過去や未来を自由自在に行き来して、想像力と好奇心が刺激されます。

この夏、家族や仲間と一緒に、りっかりっか*フェスタで世界を旅してみませんか?

There are many interesting productions scheduled during the festival. FRIEND 5 is a set of 5 tickets for 5,500yen (Advance tickets). You may use them to see different productions or share them with your friends and family. Price for one adult ticket at the door is 3,000 yen, so this is a great deal! Please check ricca ricca*festa website for more information.

Theater is just like a time machine. When you get inside, you will be able to travel to anywhere, anytime, past and future, or even inside someone's head. Come to ricca ricca*festa with your friends and family and enjoy traveling around the world in seven days!

りっかりっか*フェスタ事務局
住所:〒903-0806 沖縄県那覇市首里汀良町3-82-5 2F
   一般社団法人 エーシーオー沖縄内
メール:office@nuchigusui-fest.com
電話:098-887-1333

ricca ricca*festa office
Address: c/o ACO Okinawa
3-82-5-2F Shuri-Teracho, Naha, Okinawa 903-0806 JAPAN
Email: admin@nuchigusui-fest.com
Phone: +81 (0)3 5937 2827 (English)
      +81 (0)98 887 1333 (Japanese)


ラベル:文化・芸能
posted by Misa Alta at 15:21| 沖縄 ☀| 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

やんばるの森の拠点「Cafe Okinawa Rail」 "Cafe Okinawa Rail" in Kunigami Village, Okinawa


[1].JPG


沖縄県北部の国頭村と大宜味村にまたがる大国林道をゆっくりとドライブしていると、森の真ん中に突如現れたCafe Okinawa Rail (カフェ オキナワ レイル)。そこは自然のリズムの中で、本と音楽と旬の食材が楽しめる、やんばるの森の拠点です。

Cafe Okinawa Rail is located on Okuni Rindo road in the middle of the forest of Yambaru (or Yanbaru) in Kunigami Village. On the contrary to its cold appearance outside, the cafe is filled with warmth and super eco-friendly!

やんばるくいなの Cafe Okinawa Rail

大国林道(2017年5月30日のブログ記事)を寄り道をしながら、ゆっくりと車を走らせていると、起点から12キロ地点、終点から約23キロの距離を走るのに、2時間近くかかってしまいました。トイレに行きたくなったので、残り12キロを急いで進むことにしたその時、突然森の中に建物が現れました! 

青の看板に白い文字で「民宿やんばるくいな荘 Cafe Okinawa Rail」と書かれています。

[2].JPG


民宿なのか?カフェなのか? やんばるの森のど真ん中に、コンクリート打ちっぱなしのトレイラー型の建物が立っています。とりあえずトイレを使わせてもらおうと中を覗きました。図書室の様に壁一面が本棚になっていて、店の中央にアップライトピアノが置いてあります。

[3].JPG


予想外の店内の雰囲気に、テンションが上がります。 テラス席に犬を連れて行っても大丈夫との事なので、昼時ということもあり、食事をしていく事にしました。

店内には軽快なジャズが流れています。

Cafe Okinawa Rail appears suddenly in the middle of the forest when you drive on Okuni Rindo road in Yambaru (See the article of 30 May 2017). Yambaru is the name for northern part of Okinawa's main island, and the area was designated as Yambaru National Park in September 2016. "Okinawa Rail (Yambarukuina in Japanese)" is a bird that is indigenous to Yambaru area, and it is one of the endangered species and Japan's natural treasure. Inside the building, one side of the wall is completely covered with book shelves, and looks like a small library. There is a piano in the middle of the room and jazz music is coming out from the speakers.

100%オフグリッド!
100% Off-The-Grid!


メニューを持ってきたオーナーの金城さんが、カフェは6か月前にオープンしたばかりだと教えてくれます。

本棚の反対側は一面大きな窓になっていて、通りに面した無機質な外観と打って変わって、豊かなやんばるの緑が目の前に広がります。

[4].JPG


さっきまで見ていたやんばるの森が、この建物と音楽とで、どこか別の場所のように見える不思議な空間です。

そして、何よりもすごいのは、この建物が100%「オフグリッド」である事です!オフグリッドとは、電気や水などのインフラ網に繋がっていない、という意味で、Okinawa Railは電気、水、浄化槽も完全にインフラ網から独立した建物です。

驚いたのは、ソーラーパネルを設置する際、電気会社に「電線の無い所へのパネルの設置は無理」と言われて、電気の免許を取得して自らパネルを設置し(林道を挟んで建物の反対側の畑に設置)、フォークリフト用の電池で蓄電池を作って施工したとの事で、その行動力に脱帽です! 

[5].JPG


水は山からパイプで引いてきて使っているそうです。フィルターを設置して保健所からの許可も下りているので、安心、安全で、何よりも、贅沢な美味しい水です。

その他にも、合併浄化槽で綺麗にした水を、畑の横に設置した蒸発拡散装置でその名の通り空気中に蒸発させているそうです。

[6].JPG
地中約1メートルの深さのプールから、毛細現象で水を蒸発させている


制限の厳しい区域だった為、建物を建てる許可を取るのが大変だったそうで (このエリアが「やんばる国立公園」に指定される2か月前に、建物は完成)、カフェの構想から完成まで6年の歳月を費やしたOkinawa Rail。ちなみにOkinawa Railとは、やんばるに生息する国の天然記念物の飛べない鳥、ヤンバルクイナの英語名です。

Mr. Kinjo, the owner, started the cafe in December 2016. Amazing thing about Okinawa Rail is that this building is 100% off-the-grid. Off-the-grid or off-grid is a life style which does not rely on the municipal infrastructure. Mr. Kinjo got the electrician license and installed the solar panels with his family when electric company told them it was impossible to set up the panels at the location. For drinking water, they drew water from the mountain. The water of the area is sweet and many people come to get the water to the forest and use it at home. Mr. Kinjo said some of them even came from Naha City! They use evaporation system for the wastewater. The water goes to the pool located at the field across from the cafe, and evaporates in the air by capillary action.

本を読んだり、音楽を奏でたり、贅沢な時間が流れるカフェ
Read Book, Play Music, or Do Nothing!


カフェをオープンする前は何をしていたのか金城さんに聞くと、父親の代の30年前から地元、国頭村辺士名で「やんばるくいな荘」という民宿を営んでいるとの事。これで表の看板の謎が解けました。

カフェを建てる前は、この場所(原っぱ)でよく演奏会を開いていたそうで、「やんばるの森の中でゆっくりしたい」と思い、「ゆっくりするなら読書」、「読書をするならブックカフェ」という結論に至ったそうです。

カフェの入口から反対側の壁まで続く本棚には、手に取って開いてみたくなる本や写真集がズラリと並んでいます。

[7].JPG


金城さんセレクトの本や、知人が寄贈してくれた本など、現在750冊も蔵書があるそうで、村立図書館より充実している、と冗談交じりに話します。店にくる客に音楽をやっている人も多く、よく演奏会などを開いたりするそうで、そのためにピアノを置いてあるそうです。

やんばるの森の中に拠点を作りたかった、という金城さん。やんばるくいなの森の中にあるCafe Okinawa Railには贅沢な時間が流れます。

Mr. Kinjo said his father started guest house "Yanbarukuina So" in Hentona area in Kunigami Village 30 years ago, and they used to have music concerts in the forest where now cafe is at. Mr. Kinjo wanted to relax and read a book in the forest of Yambaru, and decided to open the cafe. There are currently 750 books selected by Mr. Kinjo and his family. Some books were donated by friends and customers. In order to have concerts, Mr. Kinjo brought the piano to the cafe. He said many customers coming to the cafe were musically talented. People come to Okinawa Rail and enjoy spending time however they like.

ランチプレートはやんばるを凝縮した小さな庭
Colorful "Okinawa Rail Plate"


食事のメニューは「Okinawa Rail プレート(1180円)」のみです。運ばれてきた皿の上は色鮮やかで、まるで小さな庭のようです! 

[8].JPG


「やんばるの食材をつかったデリプレート」には、金城さんの父親が道向かいの畑で栽培した野菜を使った「大国林道サラダ」、国頭でとれた「ネギの卵とじ」、さっぱりしていて美味しい「人参しりしりサラダ」、身がホロホロになるくらい煮込まれている「チキンのトマト煮」、その他「地元の食材を使った何かを2〜3品ほど」に、やんばるの旬な野菜を使った「やんばるスープ」と、金城さんの「手作り田舎パン」です。このパンは「ホシノ天然酵母」を使って、じっくり2日間かけて作るそうで、外はカリカリ、中はもっちりとしていて、本当に美味しいパンです!料理もどれも美味しく、量もたっぷり入っていて大満足です。

メニューの最初のページにある言葉は、「晴れた日は電気が余って活動的に 曇りの日はほどほど 雨の日は静かに」。

[9].JPG


自然のエネルギーで全てをまかなっている、森の拠点のカフェには、人間にとって、本来、一番自然なリズムで時が流れています。

[10].JPG


The lunch menu is "Okinawa Rail Plate (1180 yen)". It is very colorful, and looks like a small garden on the dish! Half of the vegetables used at Okinawa Rail are from Mr. Kinjo's father's garden across the cafe, and the other half is from the local area. Mr. Kinjo spends two days to bake bread himself. Everything is fresh and delicious! If you ever come to Yambaru area, it is worth while to take a detour and stop by Cafe Okinawa Rail.

Cafe Okinawa Rail
住所:沖縄県国頭村字奥間大保謝原2014−107
電話: 080-8350-5524

Cafe Okinawa Rail
Address: 2014-107 Taihojabaru, Okuma, Kunigami, Okinawa
Phone: 080-8350-5524





posted by Misa Alta at 18:53| 沖縄 ☁| 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする